読まれている記事
スポンサーリンク

モラハラ妻の子育ては子供にとって悪影響

モラハラ妻の子育ては子供にとって悪影響を与えます。モラハラ妻の大きな特徴として、常に自分が家庭内で上位に立たなければ気持ちが済まない、という部分があるのです。子供は勿論、夫やモラハラ妻の両親に対しても、常日頃から威圧的な態度で接します。女王様のような態度を取り、夫や両親に対して要求を繰り返したり、自分の思い通りにならないと感情的な反応を示します。

モラハラ妻の威圧的な様子を毎日見る子供は、精神的に強いプレッシャーを受けるのです。子供に対しては一見優しいというモラハラ妻もいますが、夫への理不尽な接し方や感謝や他者の気持ちの尊重などが欠如した言動など、子どもながらにおかしさを感じつつも母親だからそれを見習っていきます。

モラハラ妻の多くは、母性とはまるで正反対の気質を持ち、家族を精神的に支配して服従を強いるため、子供は普段から母親に逆らってはいけない、という恐怖を感じ取ります。

スポンサーリンク

モラハラ母の極論や脅迫と普通の母のしつけの違い

いわゆる普通の母性本能を持つ母親も、時には厳しい態度で子供を叱責します。しかし厳しい躾の根っこには、無上の愛があり、丁寧に諭すように子供を叱りつけるだけです。一方でモラハラ妻は叱責というよりも脅迫を行います。

自分を怒らせたり、不快な気持ちにさせたら、恐ろしい出来事が起こるぞ、といった態度で夫や自分の両親、そして子どもたちに迫ります。時には無言のプレッシャーを与えて、子供を萎縮させて、自分の思い通りに動かそうとします。

スポンサーリンク

平穏そうな家庭にもモラハラ関係が潜む

モラハラ妻がいる家庭は、一見すると平穏に見えるかもしれません。しかし、それはまさに独裁国家が一見すると平和に見える様子と同じです。モラハラ妻の恐怖政治で一時的に、平穏な雰囲気になっているだけであり、夫は妻に対して失望感を懐き、子供は母性に飢えています。目立ったトラブルこそ起きないものの、モラハラ妻による家庭への悪影響は甚大で、児童の自主性は損なわれ、常に母親の顔色を見て行動する、ロボットのような状態に陥ります。

スポンサーリンク

ツイッターでフォロー

読まれている記事