読まれている記事

自分はズボラでも相手にはとても細かく厳しい

モラハラ妻には家庭で習ったやり方や自己流のやり方があります。
モラハラ妻には色々相談をできる友人がいないことが多く、自分の実の母親や、都合のいい関係の男友達などにだけ相談や告げ口をします。
例えば家事や育児をいくら手伝ったとしても、手伝った内容などはさておき私はぜんぜん助かってないのに手伝った気になっているだけという部分だけが伝わります。
仮にモラハラ妻が我が専業主婦だとしても自分が家事や育児を行っていないことは棚に上げてこのようなことが話されます。
夫が掃除をして髪の毛が落ちていれば役立たず脳なし何もできないカスなどと言われるのに、自分が掃除をしてゴミだらけだとしても私はやったのになんで言われなくちゃいけないのと言い返されます。

本人は掃除機をかけたと言い張っていても、実際にはどこを掃除したのかわからにような状態のこともあります。

この状態の場合、掃除をしてないにもかかわらず責任逃れと相手を貶める手段としてやったと主張している場合もあります。

また、モラハラ妻は自分のやり方や自分が判断の基準であり客観的にどうであるかは気にしないので、掃除もずぼらなこともあります。

この辺については、夫の方が「やってないだろう!」と言えば逆にモラハラだと言われるため難しいところです。

スポンサーリンク

ツイッターでフォロー

読まれている記事