読まれている記事

 

\ 居心地の良い家庭を取り戻したい方は必見! /

 

モラハラ妻が原因で診断書を書いてもらうことはできるのか

モラハラ妻と一緒に生活をしていると、心身に不調をきたしたり、抑うつの状態になったりすることが多いです。深刻な場合には仕事をすることも出来なくなったり、 生活上の意欲が全く失われてしまっていわゆるうつ病になってしまったりすることもあります。 この状態になる前に、 精神科や心療内科など専門家を訪ね適切に診断や治療をしてもらうことが大切です。モラハラ妻が原因だということとは別に、本人の心身の症状や社会生活の難しさなどを総合的に判断して、精神科医は診断をし治療方針を示してくれます。 職場に通勤することが困難になったりしている場合などには、 診断書を書いてもらい、療養することもあり得ます。

スポンサーリンク

モラハラ妻を精神科に受診させてモラハラの診断書を書いてもらえるか

モラハラ妻から耐え難い苦痛を日々受けている人にとっては、モラハラ妻そのものは精神病などではないかと考えることもあると思います。実際に、モラハラ妻の中には、発達障害があったり、自己愛が過剰な気質があったり、境界性人格障害があったりするという事例も多くあります。
モラハラだと思っていたが実際は発達障害が原因で本人が無意識で相手が嫌なことをしてしまっていたということもあり得ます。モラハラ妻本人がどう考えているかによりますが、精神科を受診して 診察や検査を通してモラハラ妻はどんな人格であり、通常とは違った精神科領域の疾患があると診断された場合などには、今起きているモラハラを軽減するための治療法が見つかる可能性もあります。 夫婦で共によりよい関係のために歩みを進めるのであれば、第三者が介入して良い方向に向かうこともあるので精神科を受診することも良いことです。

スポンサーリンク

モラハラ妻と離婚を前提に進めている時に診断書は役立つ

モラハラ妻との離婚を考えている場合には、モラハラ妻本人が 精神科領域の疾患があったという診断書があると、婚姻関係を続けていくのに耐え難い理由として客観性を持った資料になります。モラハラ妻の診断書ではなく、モラハラを受けてきた夫側が、うつ病やパニック障害を発症してしまった場合などの診断書も、慰謝料を請求する場合などにも役立ちます。

このように、 モラハラ妻との関係性の中で診断書という存在は、夫婦関係を継続していくという前提であれば特に意味のないものですが、 離婚を前提として自分の方が有利に進めるためならばとても強い味方になる資料です。

幸せ夫婦になり、豊かな人生をおくるためのマインドセット

●冷めきった夫婦関係をなんとかしたい、、、

●喧嘩や我慢ばかりの人生で終わらせたくない、、、

●大人の事情で、子供を悲しませたくない、、、

●幸せな夫婦関係、幸せな家庭を手に入れたい

そんな方にはこちら(これを実践して何の変化もなければ、全額返金あり)

 

\ 居心地の良い家庭を取り戻したいならまずは見てください /

 

スポンサーリンク

ツイッターでフォロー

読まれている記事